Scotch's room ~すこっちの部屋~

「焼肉やさん」であり、「なんちゃって栄養士」です。いろんなことに挑戦したい!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

繰り返される悲劇

きのうのこと。
営業時間も終了間際、最後のお客さんのお会計を済ませたところで
次男Kが蒼白な顔で訴えてきた

K「ちょっと外で…大変なことが」
すこ「なに?どうしたん?」
K「猫が・・・たぶん野良猫が、車に轢かれたみたいで・・・」

※ちょっと悲しすぎる記述になるので、畳んでおきます。
 思い出すのも辛いけど、せめて、ここに書くことで
 生きた証を残してあげたいと思います…。



とっさに浮かんだのが、おとといあたりから通ってき始めた三毛の野良の仔。
今日も来るのかな、まだ見ないな、とついさっきも思ってたところ…

すこ「どんな猫?三毛?息はありそう!?」
K「そうやな、三毛っぽい…もう、無理と思う。口から何か・・・」

辛そうに答えるK。これ以上彼の口から語らせるのはかわいそう。
取り急ぎの片づけをしながら、心を落ち着け、覚悟を決めて現場へ行って見る。

店の前からやや外れた道路の脇に、三毛は横たわっていた。
惨状も覚悟して行ったが、体はほとんど無傷、きれいなまま。
ただ・・・前頭部が轢かれて、つぶれてしまっている。
この場所のままではすぐまた他の車に轢かれてしまう!
とっさに、そっと抱き上げて店の勝手口近くまで移動した。

たぶん、ホンの数分前の出来事なのだろう。
体はまだ温かく、やわらかく…
「もしかして」
と、胸の辺りに指を差し込んで確認してみると
弱くは有るが、かすかに脈が感じられた。

まだ、生きてる…

わずかな時間に私の頭のなかでいっぱい考えた。
急いで、どうぶつ病院に
連絡とってみる?蘇生の可能性はある!?
いままでウチの子たちがお世話になったT先生の病院は
7月に閉院してしまったけど、先生の自宅はウチの近所。
相談に乗ってくれるかもしれない。
ダメモトで、電話してみる!?

…でも顔はつぶされ、呼吸も出来ていないはず。
小さな頭だから、前頭部と言ってもおそらく、脳全体にダメージは及んでいるだろう。

そこに様子を見にダンナが現れた。
状態を話すと、
ダ「そうやな、せめて、タオルでもまいて暖かくしてやったら」
と、古いバスタオルを持ってきてくれた。
それで体をくるんでやり、しばらく私の手で温めるように
さすってやっていた。

別に、慣れた猫だったわけではない。
しかし、この仔の親は、随分前にこの店の近くで生まれた野良猫であり、
1ヶ月ほど前から、久しぶりに子供をつれて時々姿を見せるようになっていた。

「しまニャン(親猫の呼び名)、まぁ立派になって、しっかり子育てしてるんやね~」
なんて話しかけていた。
しまにゃんも全然人馴れしてない猫だが、昔の餌場だったこの店のことは覚えていて、
おそらく子猫たちに
「ココにきたら肉にありつける時もある。覚えておおき」
と教えてたのだと思う。

その後またしばらく見かけなかったが、一昨日くらいから、その時の子猫たちのうちの1匹が
現れるようになった。それがこの三毛猫。

お祖母ちゃん(しまニャンの母=ぼて、と呼んでいた。長らく見かけない)に
目元のよく似た仔だなぁ、と微笑ましく見ていたのに…

そんな事を考えながらしばらくさすっていた後、
もう一度胸やおなかに手を入れて確認してみると、
さっきは感じられたかすかな鼓動は、すでに感じられなくなっていた。



苦しかったね、頑張ってココまで大きくなったのにね。
親離れしたとたん…
ママに教えてもらったこの店のウラで、お肉の残りにありつこうと思って
今日もやって来たのに、途中で轢かれたんだよね…


いままで、店の近くで轢かれた猫や、エンジンルームで亡くなった猫、巣から落ちて助からなかったツバメの子たちの眠る、道路わきの土手。

明日まで置いておくと野生動物に荒らされるかもしれないから、
夜の暗い中、ダンナが土を掘り、KとMも呼んで
みんなで埋葬してあげた。

三毛ちゃん、生まれ変わる時は、もう、
野良猫には生まれないでね・・・
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

ブログ内検索

月別アーカイブ

左サイドメニュー

Twitterはじめました~

プロフィール

バタースコッチ

Author:バタースコッチ
家族で焼肉やさんやってます♪
(いちおう)管理栄養士です。
写真のバラは庭の「バタースコッチ」
↑ハンドルネームの由来です♪

登場人物:
ダンナ、長男H、次男K、長女M、

にく
niku.jpg
キジトラ白にゃんこ♂10歳
普段はおとなしく温和な性格だが、
昔闊歩していた家の外回りが未だに気になって仕方ないらしく、
真冬以外は、常に脱走の隙をうかがっている。

ゆっけ
yukke.jpg
三毛にゃんこ♀5歳。
野良の生み捨てた赤ちゃんを保護、人工哺乳で育つ。
♀の三毛ということで性格はキツいようだが、
キジトラ白兄ちゃんのことはちゃんと立て、うまくやっている。

もふ

白の多いキジトラ白
短毛だけどなんだかモフモフしている(抜け毛の量が莫大)
先住のにく&ゆっけに完全に受け入れられるのは
いったいいつのことやら・・・。

ごゆるりとどうぞ♪

最近の記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。